相続対策と不動産の活用について

相続税制が改正され、以前と比べて大幅に基礎控除額等が削減されています。
そのため、以前にもまして早めの相続対策が重要になってきているといわれています。
不動産を所有している世帯の場合、以前から有効な節税対策としてアパート経営を行うという手法があることが知られています。
所有している不動産に賃貸アパートを建築して、そのために借入を行うとにより、相続財産を低く抑えることができるというものです。
一方、賃貸アパート経営にあたっては、注意が必要な点もあります。
それは空き室リスクというものです。
予定していたペースで入居者が確保できない場合、想定通りの賃貸収入が得られず赤字経営となってしまう可能性があります。
そうしたリスクを低減するための手法として、近年では一括借り上げ制度を利用するケースも増えてきているといわれています。
一括借り上げ制度を利用する場合、入居実績にかかわらず、契約の期間は所定の家賃収入が得られることとなります。

小川淳子

小川淳子

小川淳子

小川淳子

チェスティ主宰、女性を惹きつける小川淳子について

最新投稿